FC2ブログ
2016.04.26 01:23|ママのひとり言
数年前ですが・・・

美智子皇后が IBBY世界大会でのビデオ講演で

「何度となく、思いがけない時に私の記憶によみがえってきた」作品と

スピーチされた、幼少期にご覧になった絵本。


「でんでんむしのかなしみ」 という絵本。


それをテレビで紹介していて、ご存じの方も多いと思いますが

私の心にも響きました。

ストーリーはこんな感じです。↓




ある日 一匹のでんでんむしが、自分の背中の殻の中に たくさんの悲しみがいっぱいつまっていることに気が付いた。

でんでんむしは、友達の元を訪ねて行って、自分がいかに不幸せで、可哀想な存在かと嘆き悲しんで見せたが、

相手の反応は、自分が望んだものではなかった。

「あなたばかりではありません。わたしのせなかにも悲しみはいっぱいです。」

この言葉を聞いて、また 違う友達の所へ次々と訪ねて行ったが、どの友達の答えも同じだった。

でんでんむしは、自分だけが悲しみを背負っているのではないことに気づき、強く生きることを悟った。






新美 南吉 さん作

いろんな方が絵を描いていて何冊も絵本になってます。

でんでんむしのかなしみ




度々この絵本のことを思い出しては

がんばらなきゃ、と思います。


絵本の中の でんでんむしの様に、自分だけが

悲しみを背負っているのではない事を理解し

強く、そして優しく 生きていきたいです。


自分に与えられたことに感謝し、自分なりにがんばるしか

ないですよね。

がんばりましょう。






スポンサーサイト



カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ポッキー                (Mダックス チョコタン ♂ )     椎間板ヘルニアを患い、後ろ足が不自由だったけど、今は自由に走れてるはず♪

アポママ。

Author:アポママ。
2012年春、兄犬のアペルを、2015年の初夏に弟犬のポッキーを虹の橋に送り出しました。
2014年6月からお休みしていたので、その間の亡くなるまでのポッキーの様子や、アペルとポッキーの思い出を綴ります。

Pocky(ポッキー)

旧ブログはこちら

アペルの闘病日記です

ポキの車イスはこちらで

おともだち

ランキングに参加中

良かったらポチッとしてね

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR