スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1分間スピーチ

2016.02.04 22:45|ママのひとり言
働いているお店に、先週末にワンちゃん連れの

お客様がいらっしゃいました。

少しお話すると、2年前に里親募集で出会ったそうです。

可愛くてきれいに手入れされたミニチュアシュナウザー。



ちょうど 姪っ子が弁論大会の準備をしていて、

『動物の殺処分』をテーマにしていました。


2014年、犬だけでも殺処分数は2万頭以上だそう。


ペット先進国のドイツでは、「ティアハイム(動物の家)」というのがあり

保護、収容、そして仲介と譲渡 というのが運営内容。


民間だそうで、日本にもボランティアでやられている方や

団体がありますが、規模が違います。


なんと、ドイツで殺処分の数は 『0 』 だそう!素晴らしい。







殺処分・・・ブリーダーの崩壊や、途中で飼えなくなったり・・・

それぞれ それなりの理由があるのでしょうが、どんな理由でも

正当な理由なんてない。 命を奪う権利なんて誰にもあるはずがない。

人間の身勝手。



アペルは余命3ヶ月の告知から、がん治療を頑張って2年間生きました。

お金もかかりましたが、子供同然のアペルなので、当然です。


そのアペルの命も、名もなく殺処分された子の命も 本当は同じ重さ。

なんだか本当に悲しいね。


将来、もしも また、ワンコを飼うならば 里親になりたいな。



私の勤めている会社には、朝礼で 「1分間スピーチ」 というのがあり

1日1人がスピーチします。 内容は何でもよく、目的は

お客様の前で臆することなく話せるようになる為に。

今朝、私はこの話をしました。


すべての命の尊厳が守られる世界になりますように。









関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

ホント! そうだよね
うちの近所に鶴見緑地(昔 花の博覧会があった所)があるんですが
毎週 あちこちから救助された犬の譲渡会やってます
さくらを亡くしてから毎週 行きました。
でも・・・・皮膚病で毛の抜けた子 生まれつき心臓病の子犬 歩けない子 フィラリアに感染した子・・・・かなり悩みました。 13才を過ぎた老犬の最後を看てあげようとも思いました。
でも・・・・今からかかる医療費を思うと 結局 ペットショップで買ってしまいました。
ただ飼えなくなっただけのワンちゃんなら引き取ったと思うんですが
せめてもの気持ちで行く度 寄付だけして帰ってます(涙)

番茶。さんへ

知っているけれど、じゃあ個人で何ができるかって言われると
なかなか難しいですよね。
アぺポキの使わなくなったリードなんかを寄付したことはあるけれど
ボランティアに出かけるということも、日々の生活の中では難しいです。
ダメな私です。
でも、皆が意識してくれば、少しずつ変わってくるのでは、とは思いますが・・・。
行くたびに寄付する番茶さんは素晴らしいです!^^
今はまだ考えられないけれど、いつか 1頭でも救えれば・・とは思いますが。でも、
う~ん、病気の子を引き取るのは厳しいですよね。自信ないです。それは私も無理です。。。

No title

こんばんわ

ママは動物に携わってるお仕事なのかな?
嬉しいことも悲しいこともありますね
生きている以上同じ命なのになんで格差があるんでしょうね?
そんなに人間って偉いのかな?
アペル君・・・教えてあげて~!(*^_^*)

↓ ジョンソンタウン!久しぶりに見た~(●^o^●)
思い出深いとこですね(*^^)v

めいパパさんへ

こんばんわ

以前はずっと塾の受付&事務をしていたんですが、今はショップ勤務です。
食べ物系ではないので、まぁ、ワンコも入れます♪

人間って本当に身勝手ですよね。
でも、そうでない人もいっぱい。
幸せな動物が増えることを願わないではいられません。
でも、なかなか行動に移せないので心苦しいですが。

ジョンソンタウン、アポポキとよく行っててアップしてましたもんね。
楽しい思い出です。^^
非公開コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ポッキー                (Mダックス チョコタン ♂ )     椎間板ヘルニアを患い、後ろ足が不自由だったけど、今は自由に走れてるはず♪

アポママ。

Author:アポママ。
2012年春、兄犬のアペルを、2015年の初夏に弟犬のポッキーを虹の橋に送り出しました。
2014年6月からお休みしていたので、その間の亡くなるまでのポッキーの様子や、アペルとポッキーの思い出を綴ります。

Pocky(ポッキー)

旧ブログはこちら

アペルの闘病日記です

ポキの車イスはこちらで

おともだち

ランキングに参加中

良かったらポチッとしてね

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。